とことん遊ぶ、それが僕らの未来をつくる保育

「くうねあ」とは子どもにとって最も基本的で大事なこと「食う・寝る・遊ぶ」の頭文字をつなげて作った言葉です。(「くうねあ」は商標登録済です)子育てを応援し、支えていく存在として日々活動しています。「とことん遊ぶ、それが僕らの未来をつくる」をモットーに主体性を重視し、「遊び」と「対話」の保育活動が中心となります。また、子育て支援として、いかなる子育てのニーズにも対応出来るように個別対応のベビーシッター&家事支援サービスと施設型の広島市認可保育所を併設し運営しております。一人一人のお子様の「安全と健全な発達環境」を大切にし、食べること・寝ること・遊ぶことに注力しています。

サービス

保育園運営事業部
「くすの木保育園」

くすの木保育園では「遊び」と「対話」を中心に保育を行います。日々楽しく、悪戦苦闘しながら、子どもたち一人ひとりに心を集中して努力しています。

ベビーシッター事業部
「アンファンス」

お子様の発育に合わせて授乳、食事のお世話、お風呂、お散歩、お遊戯、幼稚園・保育園・塾への送迎等から簡単な家事支援まで承ります。また病児対応も行います。

法人事業部

学会・イベント時の保育、託児業務委託・提携、事業所内保育所設置・運営等のサポートから研修・講演まで、子育て支援事業について幅広いサポートが可能です。

想い

経営理念 「三方よし」
~ 売り手よし、買い手よし、世間よし ~
経営目的
企業は本来、会社を構成する人々の幸せ増大のためにあるべきです。私たちは、社員が精神的にも物質的にも、より一層の幸せを感じるような会社をつくると同時に、会社が永続することにより人類、社会の進捗発展に貢献します。したがって、売上や利益の大きさよりも、会社が常に輝きながら永続することに努めます。
事業目的
子育てのインフラつくり
保育目標
しぶとく たくましく
保育理念
1)子供が主体
2)「遊び」と「対話」が中心
3)スタッフがよく学ぶ
モットー
とことん遊ぶ、それが僕らの未来をつくる
基礎に置くこと
1)「子供の情緒の安定」と「人格形成の素地つくり」
2)「保育の質」と「子育て支援」の最適調和