理念

1.法人の理念
「三方よし」が基本です。三方とは「お子さま、ご家族、自分たち」
子どもたちとご家族の幸せが私たちの幸せです。
2.中核となる保育理念
・子どもたち一人ひとりを大切な人間として、十分な尊厳と敬意を持ちながら育みます。
・昔から言われている「寝る子は育つ」「よく噛んで食べる」などの基本を重視し、最新の保育理論や発達心理学の知見を積極的に考慮して良いものは取り入れます。
・子どもが主役です。すべての事はひとりひとりの子どものために耳を傾け、心持ちに寄り添う事に始まります。
・遊びは子どもたちにとって学びであり主体形成(自主性、自信、身体づくりなど)や生活そのものと考えています。

代表あいさつ

こんにちは、「くすの木保育園」代表の堀江宗巨です。 くすの木保育園では「遊び」と「対話」を中心に保育を行います。子育て支援に関心を寄せて、保育理論や教育理論を勉強したり保育園を見学させていただいた中で、一番自然に見えたのは遊びと対話を中心に子どもが中心となっている保育所でした。そこでは子どもたちが、自らの好奇心に基づいて行動し、のびのびと健やかに育っていくのです。

そして保育者は、子どもの言葉に耳を傾け、丁寧に話を聞く事を心がけ子どもたちが自分の思いや気付きを伝えやすい雰囲気を作り保育活動を致します。そうすることで、主体性のある自ら強く生きようとする力を持った人間へと成長していくのではないでしょうか。

また、子どもが保育園で過ごす時間は長いです。「安全と健全な発達」が約束されている場所であることが必要です。もうひとつの家庭として子どもにとって居心地の良い安心できる空間であり、保護者の方にも安心してお任せ頂ける園であることを誓います。

いい木がいい土からできるように我々は「いい土」になるため絶えず努力致します。グローバル化の大きなうねりの中、のびのびと健やかに育った子どもたちが、異なる価値観や異文化に理解を示し、しぶとくたくましく、協同して幸せになっていく。そんな姿を夢見ながら、日々楽しく、悪戦苦闘しながら、子どもたち一人ひとりに心を集中して努力しています。

保育園の問い合わせ

kusunoki@qoonea.com